© IEKEIEI All rights reserved.

202012/6

目的の不明確な仕事はやめる

人に頼まれた仕事をしていると、それをまとめることが目的になり仕事本来の目的を考えずにしていることが多いです。
また、頼んだ人に目的を確認すると、目的が曖昧であったり今までやっていたことを単純にやっていたりしていることがあります。
このように目的が明確でない仕事をしていることが色々あります。
そして、もし必要となった時のためにしている仕事(保険業務)もあります。
こうした目的が曖昧な仕事や保険業務が10~20%はあるのではないでしょうか。
そのような目的が曖昧な仕事や保険業務をやめることです。
やめても誰も困らないものが多いです。
必要となった時はその時にそれをやればいいのです。
自分の仕事の棚卸をして、目的が不明確な仕事をやめてみてはどうでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

考えを描く

人は変わることができる

机上の空論はやめる

数字を共有化する

守れないことをさせない

ページ上部へ戻る