© IEKEIEI All rights reserved.

20207/12

仕事の目的を確認する

毎日忙しく仕事をこなしていますが、上司から仕事を頼まれてそれを提出した時、修正ややり直しの指示があるのではないですか。
仕事を頼まれたり頼んだりするとき、「このデータをまとめてくれ」とか、「この資料作ってほしい」といったように、詳しく言わずに頼まれることが多いです。
しかし、データをまとめるにしても、資料を作成するにしても、「何の目的で作るのか」によりまとめ方や作成内容が違ってきます。
その目的を聞かずに言われたことを自分なりに解釈して完成させると、依頼した人の目的と合わなければ修正が入ってきます。
それを、「言われたとおりにしているのに…」と愚痴を言っても、目的を確かめないほうが悪いです。
どのような仕事も目的はあります。
目的をしっかり確認し、それに見合った仕事をすれば、色々な発想ができ、前向きな仕事に取り組めるようになるものです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

決めたことは守らせる

手順書は教えてもらう人に作らせる

慰めは根本解決にならない

目安をつけて行動する

メールはコミュニケーションのツールではない

ページ上部へ戻る